家族とバイクの両立について

学校を出てからバイクに乗ろうとする人ばかりでなく、家族ができてから何故かバイクに目覚めた人も教習所では少なからず見かけます。

家族とバイク両立は難しそうですが果たしてどうしたらいいのでしょう。


1.バイクを降りた英雄たち

1982年にはバイクの登録台数が約83万台を超え、これをから‘80年代は空前絶後のバイクブームとなりました。これを書いている筆者もこの年代に散々バイクに乗ってきた年代であります。

さて、バイク人口はこの最盛期の9分の1、つまりこのころの1割しかバイク人口がいない上、これを支えているのはなんと我々おじさん世代だというのは何とも寂しいお話です。

このころのライディングテクニックを競いあっていたライダー達がバイクを降りてしまったのは、やはり仕事や子育てに追われ、生活の中でバイクに乗りたくても乗れない人々や、家長という責任ある立場を考慮してバイクを降りた人など様々です。


2.家族とバイクの両立

筆者の場合ご多分に漏れず晩婚で、友達の娘が成人式を迎えるのを横目に5歳の娘を育てていたりします。

強欲なのでしょうか、家族ができても一向にバイクを降りるとは考えにも及ばず、娘の育児の合間、近所の峠やオフロードまでバイクに乗っております。

平日にバイクに乗れる自分は特異な例かもしれませんが、「家事に支障を来さない」という約束で束に怒られながら、妻の理解を得ています。

しかし、こうしてバイクに乗っていても、一つさみしいことがあります。

つまり家族の中でバイクを楽しんでいるのはお父さん一人だからです。

ここで「やはり家族がいるならバイクはあきらめるべきなのだろうか。」と考えてしまい、「これがバイク人口を減らしている原因の一つなのかもしれない」と考えるに至りました。

釣りやゴルフそれにキャンプなどは、家族で楽しめますが、バイクもこんな風に家族で楽しめないものかと思っておりました。

ある日曜日、友人の誘いで、オフロードバイクに乗ることになり、行ってみるとそこには小学生くらいの男の子が二人と、お父さんお母さんさらにはおじいちゃんとおばあちゃんまで、一緒にバイクを楽しむオフロード一家でした。




「これはいいなぁ」と思ってみていましたが、やはりこの光景は忘れられず、「自分のできる範囲で家族をバイクに巻き込んでいこう」と思うようになりました。


3.家族を巻き込んでしまう方法

バイクを家族分そろえたりするのは未だ夢の中の世界ですが、メーカー主催のイベントに、オフロードコースの走行会で昼食がバーベキューであるというのを知り、家族で出かけたことがありました。

このときまでバイクに乗る夫の存在を疎ましく思っていたようですが、周りの人たちが、ライダーばかりだったので、それを見てやっと夫が何をしたいのかが具体的に見えたといっていました。

正直その時はオフロードを始めたばかりで、ライディングテクニックはぼろぼろのカッコ悪いお父さんだったのですが、家族で楽しく過ごせたいい思い出になっています。

子育てがひと段落したので、バイクにこれから乗りたいというという声も身近なところから少なからず聴いています。

もし家族がなかなかバイクをOKしてくれないのなら、これは段々攻め落とすしかありません。

あらかじめバイクショップと顔見知りになって公式なレースを応援に行くとか、キャンプ場や遊園地のついたサーキットでキャンプをしてみるなどもいいでしょう。


4、バイクとの付き合い方は、いくらでもあります

家族のいる世代のバイクとの付き合い方として、公道でバイクに乗るということだけではなく、こうしたバイクイベントを家族で楽しんだり、クローズドのコースで免許のいらない「競技」として家族でゆっくりとバイクを楽しむというのも、一つの手なのだなと思います。

オフロードの場合、コースによっては事前に予約を入れておくことでバイクを貸してくれるコースもありますし、自分で競技車両のバイクを用意する場合には、「競技の道具」なので、公道車両のようにナンバー登録の必要がなく、税金もかかりません。

さらに中古車を手に入れれば安く済みますし、登録の手続きもいりませんから、他から比べるとリーズナブルだと思います。

競技車の場合、レンタカーなど運ぶ手段が必要です。

初めての方も、いわゆるリターンライダーも、家族がいる方でも、ちょっと考え方を変えて、バイクショップで仲間を募りながら、家族ぐるみでバイクを楽しむ環境をつくってみてはいかがでしょうか。







バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材

バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材

✓ツーリングで仲間についていくのが精一杯
✓ツーリング景色を楽しむ余裕もない
✓バイク歴は長いのに全然上達しない
✓ワインディングを楽しそうに走る仲間がうらやましい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材」です。

バイクのライディングテクニックが驚くほど上達する練習教材は、 ライディングメソッドのプロが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にライディングテクニックが向上することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のライディングテクニックが向上する練習教材を紹介します。


  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)



    あなたの走りは劇的に上手くなる!!



    このプログラムは 大人のかっこいいライダーになる 近道です!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも購入者限定のツーリング&レッスン会まで開催されているお得なプログラムです!

  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~



    苦手なワインディングを克服!!



    このプログラムは 対向車が気になり右コーナーがうまく曲がれない。オーバーランが頭をよぎり下りコーナーがどうしても恐怖を感じてしまう。 といった悩みを解決するプログラムです!!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも3ヶ月たっても上達しない場合は、全額返金されるので安心して取り組めます!

  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ハーレー・アメリカンバイク編~



    ハレーやアメリカンバイク上達の秘訣!!



    このプログラムは ハレーやアメリカンバイク でスポーツバイク顔負けの走りを実現するためのプログラムです!!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも購入者限定のツーリング&レッスン会まで開催されているお得なプログラムです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ