スマートなコーナリング|バイクのライディングテクニック

峠道で楽しそうに自分を抜いて、一つ二つとコーナーを切り返すうちに消えるバイクを観ながら、「自分では頑張って走っているつもりなのに、あの人は一体、何、食ってんだろう。」なんて思ったことはありませんか。

安心してください。速くなります。


☆本文に先立ちましてのお願い

・タイヤの空気圧はメーカー標準値で練習してください。

・サスペンションはメーカー出荷値からイニシャル変更をしないでください。

いろいろ知識のある方もおいでと思いますが、上記2つは必ず守ってください。

今回は中級者の練習を念頭に、「コーナリングに必要な基本動作」にとに、ブレーキング動作を書き加えました。

また、本文は強制ではございません、事故等につきましては一切の責任を負いかねますので、自己責任にてあしからずご了承ください。


1.コーナリングのイメージトレーニング

人によってニーズは様々ですが、無駄なくきれいにのんびり走るようなイメージでトレーニングをしていきましょう。

というわけで、誰でも安全にできるまず、椅子に座ってイメージトレーニングをしていただき、コーナリングでもライディングテクニックの流れを追いかけてみます。

まず、椅子に腰かけて、できればクッションや枕を膝に挟んでください。

その上で、アウト・イン。アウトのロールプレイです。


その1.コーナーの手前(コーナーに差し掛かるところです)

a.バイクをコーナーの外側に置きます。

b.ニーグリップしながら減速リアブレーキ⇒フロントブレーキの順で制動します。

c.アクセルオフとリアブレーキでしっかり2次制動・姿勢をコントロールしてください。

d.フロントフォーク伸び始め付近でゆっくりフロントブレーキリリースすると同時に、


 その2.コーナーイン・走行ライン向き変え・旋回開始

a.頭はバイクの中心線上をキープしながら、頭ごと視点をコーナーの内側に向けて、

b.曲がる方向にステップ体重移動する。

c.同時に上半身の力を抜くことで『抜重』し、バイクの向きをコーナーの内側Ⓑに向けます。


その3.旋回中~クリッピング(旋回中クラッチ、フロントブレーキ厳禁)

a. ステップと外脚の膝に体重を預けます。

b. アクセルでバイクを支え、リアブレーキコントロールと合わせ進入角度とバイクの角度を調整します。

c. 視点を頭ごとコーナーの外側に向け③の動作につなげます。


その4.クリッピング~コーナーを脱出(立ち上がり)

a. 視線は進行方向次のコーナー外側へ




b. クリッピングコーナーの一番奥でアクセルを「そーっと」あけて立ち上がります。

c. 同時に内側にかけていた体重を中央に戻していきます。コーナー出口でバイクがコーナーの外側にあればOKです。

こうしてコーナリングを分解して考えると、一つのコーナーの中でこれだけのステップをこなしているということになります。

そして、一つのステップ中に行うべき課題がいくつもあることが分かると思います。つまり、これらをきれいな連続作業にして一つのコーナリングとなるのです。

こうして、バイクを離れても、バイクに乗っているイメージがしっかりできるライダーは「乗り込んでいる」証拠です。

イメージトレーニングを何度も繰り返して、実際のライディングテクニックに活かしましょう。


2.「目線」「抜重」「アクセル」重要ポイントのおさらい

 
バイクに限らず2輪車というものは、「見た方向に進む」という習性を持っています。  

これを利用して、コーナーの外から内へ、内から外へと頭ごと視点を移動させ、視線を送り、頭の中で「ライン描き」をします。

GPライダーの写真を見るとコーナー中はヘルメットが横を向いていたりしませんか。あれはそのためです。

ここで走行ラインを描いく視線移動はとても大切です。サーキットの場合はほぼ平面なのでコーナーの先を遠く見渡すことができます。

それで、50~100m先を狙って素早いバイクの動きを作ることができますが、一般公道上は見渡しが効かないので、無理をしてスピードを上げるのは危険です。

上記の動作を確認することを目的として、速度を目的としないように練習する方が楽しいでしょう。

またフロントブレーキをコーナー入り口奥までためずに手前減速でリアブレーキでのコントロールの方がリスクは少ないでしょう。

また、抜重は最初とても怖く感じますが、視線移動とブレーキタイミングやアクセルコントロールができていれば車体の方がそれを手伝ってくれます。

アクセルで角度を維持しながら、上半身の力をしっかり抜くことで、バイクは面白いように旋回させていくということになります。

ここで、アクセルを緩めればバンク角が深くなりバイクが内側を向きます。

アクセルを開けていけばバイクが立ち上がり、バンクは浅くなります。

これを念頭に車体と一体になったコーナリングをすることよって、スマートコーナリングを実現できると思います。

一気には習得が難しいのですが、こつこつ焦らず確認と積み重ねが肝心です。くれぐれもご安全に。







バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材

バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材

✓ツーリングで仲間についていくのが精一杯
✓ツーリング景色を楽しむ余裕もない
✓バイク歴は長いのに全然上達しない
✓ワインディングを楽しそうに走る仲間がうらやましい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バイクのライディングテクニックが驚くほど向上する練習教材」です。

バイクのライディングテクニックが驚くほど上達する練習教材は、 ライディングメソッドのプロが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にライディングテクニックが向上することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のライディングテクニックが向上する練習教材を紹介します。


  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)



    あなたの走りは劇的に上手くなる!!



    このプログラムは 大人のかっこいいライダーになる 近道です!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも購入者限定のツーリング&レッスン会まで開催されているお得なプログラムです!

  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ワインディング編~



    苦手なワインディングを克服!!



    このプログラムは 対向車が気になり右コーナーがうまく曲がれない。オーバーランが頭をよぎり下りコーナーがどうしても恐怖を感じてしまう。 といった悩みを解決するプログラムです!!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも3ヶ月たっても上達しない場合は、全額返金されるので安心して取り組めます!

  • ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法~ハーレー・アメリカンバイク編~



    ハレーやアメリカンバイク上達の秘訣!!



    このプログラムは ハレーやアメリカンバイク でスポーツバイク顔負けの走りを実現するためのプログラムです!!

    アメリカNo,1ライディングメソッド&プログラムの日本人唯一の公式トレーナーである今泉和久氏が教えるライディングテクニックの極意が詰まっています!

    しかも購入者限定のツーリング&レッスン会まで開催されているお得なプログラムです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ